業務内容

システム提案

システム提案 紹介

SIer(System Integrator)に開発を依頼したシステムが完成し、いざ検収してみたら…「自分たちが期待していたものと違う」と感じた企業は少なくありません。

私たちは"Professional"の視点から、開発を依頼する側とSIerの間でシステムに対する完成イメージを一致させるお手伝いをさせて頂きます。

  • コンサルティング -要求仕様の明確化-

    RFPを作るには、新しく開発するシステムに対する依頼元である企業の要求を正しく知っておかなければなりません。システムを導入する目的を明確にすることで新しいシステム像が見えてきます。

  • システム提案 -RPFの作成-

    ひとに物を頼むとき、あいまいな頼み方をしたのでは、期待どおりの結果は得られません。RFPを作る際も同じことがいえます。相手に通じる過不足のないRFPを提示できなければ、本当に欲しいシステムを作ることはできません。

ページトップへもどる

システム基盤

システム基盤 紹介

オープンシステムでは、システム基盤となるソフトウェアやハードウェア,ネットワークに制約が少ないぶん、システム基盤の構成要素に関する深い知識が必要不可欠です。

私たちは基盤構築の"Professional"として、「性能」「信頼性」「データ保護」「開発生産性」の観点からシステム基盤を作るお手伝いをさせて頂きます。

  • サーバ・システム

    昨今、サーバの処理能力はマシンリソースの向上に伴って年々向上する一方で、”エンドユーザー・コンピューティング指向”の流れから1台のサーバで1つのアプリケーションを運用すること(専用サーバ構成)が多くなっています。このように処理能力に十分な余裕(リソース)をもったマシンを有効活用する方法として「システムの仮想化」が注目されています。

  • 情報ネットワーク

    ネットワークを構築・管理するにあたり、最低限知っておきたい基礎知識として「ネットワークの概念と種類」、その構成要素である「伝送媒体」、「プロトコル」があります。資源を有効的に活用して”情報を共有化”することで、業務効率を向上させ更なるコストダウンを図ることができます。

  • 情報セキュリティ

    近年、情報システムにおけるセキュリティの重要性については認識されてきていますが、実務でセキュリティに関わっている担当者以外、十分な知識や認識を持っているとは言えません。しかし、情報システムに関わる以上、ある程度の基礎知識は押えておかなければなりません。

ページトップへもどる

システム開発

システム開発 紹介

現在、アプリケーション開発は低コストで短期間かつ高品質なものを要求されています。そのため、既にある”もの”を使った効率のよい開発を行う必要があります。

私たちは開発管理の"Professional"として、「保守開発を見越した開発」「失敗しないプロジェクト計画・運営」といった点から、システム開発をお手伝いをさせて頂きます。

  • 業務システム -保守開発-

    いま新規案件数と反比例するかのように増えているのが保守開発です。保守開発にはゼロからの開発にはない「業務改善要求」「限られた人員」「短工期」「厳しい品質確保」などに加えて”既存”と呼ばれる制約が多数存在し、それらに対応する柔軟性と想像力が必要になります。

  • webシステム -framework-

    数年前までは「webアプリケーションのフレームワークと言えばStruts」というのが当たり前でした。しかし、現在のような低コスト・短期間・高品質という三拍子揃ったアプリケーションを開発するためには、さまざまな設計思想を持ったフレームワークの中から適切なものを選択,組み合わせて”うまく活用する”ことが必須となっています。

ページトップへもどる

運用システム

システム運用 紹介

最近では運用システムの範囲や役割は大きくなりITサービスがビジネスに与える影響力を明らかにすることが求られています。

私たちは運用設計の"Professional"として、運用システムにおける「システム」および「人的」な側面から維持管理運用を考えるお手伝いをさせて頂きます。

  • バックアップ・システム

    バックアップ方式を検討する場合、最も重要なのは「どの程度コストをかけられるのか見極める」ことです。バックアップの対象となるシステムが扱うデータの種別や価値を明確にした上で、”データの損失=ビジネスの損失額”を算出することでバックアップに費やせるコストのイメージを掴むことができます。

  • 統合運用管理

    統合運用管理の仕組みを作る場合、運用管理部門が抱えている課題を洗い出すとともに、ITサービスの品質を確保する「ITサービスマネジメント」をベースに、導入する運用ツールが提供する機能や運用担当者のスキルなどを考慮することで運用管理の目指すべき方向性を知ることができます。

ページトップへもどる

お問い合わせ

住所
〒116-0012
荒川区東尾久1-30-12-1304
E-mail
web_information  
@wedo-solution.com
Fax
03-6807-7796
© 2014 WEDO Inc. All rights reserved.